++東京ぴちバビロン PEACH★MANIA

peachmania.exblog.jp
ブログトップ
2004年 08月 16日

蘇る記憶


b0011384_35052100.jpg麻痺。‥してると思ってた。悲しい気持ちを通り越してずっと一点だけ見てたから。
キャンドルの灯りは色々な事を思い出させた。
断片的な映像で記憶が蘇る。場所は何処?あぁ…あの場所だ。夜に外で腰を下ろして感覚だけで言葉を話す事が好きなmarya。みんなで遊んでいる時によく導かれるように一人ぶらっと腰を下ろし、時間を過ごす。みんなは慣れてるから探さない。というか、何故か最終的にみんな外にいる…。不思議。
あの日はmaryaにとって特別だった。記憶が蘇る…。メイヤの声、言葉。
「みんなmaryaが大好きだよ」ラクダのまつげをふさふささせて言うメイヤ。
無防備な状態で突然言われたもんだから、一瞬頭の中がクエッションマーク。
「あ… (?マークのまま)ありがと! すっごく嬉しい」と、?なまま答えた…。
「maryaにはエネルギーが流れてる。わかるんだ〜。みんなも感じてると思うよ。」
何を突然言ってるんだろ…。エネルギーって…?「エネルギー?」「そう、エネルギー」「何の?」「‥ なんだろ? クス笑」「う〜わからないんじゃん〜!!」「でも、感じるんだよ〜 maryaは愛情が深いよね。」「あ…愛情?」「そう。ラブ。愛情が深いから、深くない人をみると苦しむんだよ。」「意味がわからない…」「愛情が深いから理解しあえる人が少ないんだよ。わかる?感じる心が強いから、maryaよりも愛情が深くない人と接すると分りあえない寂しさやもどかしさが生まれ(感じて)、孤独感を高めてるんだよ」*英語が得意じゃないのでmaryaが話を聞いて理解した書き方してます。「‥‥ う‥ っ」抑えられないものが込み上げて来るmarya。
どうしていきなりこんな話しをするのかな…。「私も、みんなもmaryaが大好き。だから頑張って!」「え… どうして…? marya悲しい顔してた?」「ううん、してないよ」「じゃぁ、なんで…」「maryaと会うと元気になるよ。でもmarya、他の人の悲しい気持ちに気付いて吸い取ってあげちゃうでしょ?」「え‥?」きょとんとするmaryaを見て、急いで言葉を取り消すようにメイヤが言う。「ううん…なんでもない!! お腹すかない? マック買いに行こう〜!!」  記憶が蘇る。
あの時言われて感じた不思議な感覚より、今日はリアル。うん。リアルに合致。
温かい‥。 温かいよメイヤ。分かってくれてたんだね。理解しようと歩み寄ってくれてたんだね。外国の人はスピリチャルに対してとても積極的。日本だったらヘヴィに聞こえる言葉を何気なく普通に使う。日本だと使える人と使えない人に分かれる。「宗教」と結び付けられてしまうから。まったくF○CK!!な事だよ。 だから多国籍な友達と遊ぶと違う意味で楽しい。メイヤはmaryaの心を理解しようと歩み寄ってくれてた。目に見えないもの。すごく、ううん…メイヤの物まねをして言うと、すっごく温かい。
体の中にお日さまがいて、ぽかぽか照らしてくれてるみたい。
そしてまた断片的な記憶が蘇る。流れ弾に当って死んだ友達。ライブの後の闘争の犠牲になった。また記憶が飛び、今は亡き、HIPHOPのカリスマ的存在の一人、愛称Bの側近と付合ってたレディ(現在レディはJPNにいます)の顔を思い出す。Bが狙われてると情報が入って、仲間達みんな四方八方に逃げた。お腹にBabyがいる友達を残して。悲観に暮れてた友達に半端なく可愛いbabyがこの世に誕生してからまもなく…彼は撃たれて死んだ。至近距離から撃たれた…。何発も…。想像なんてしたくない。ひどすぎる…。天使のようなbabyを見ずに…。彼と同じキレイな肌の色をしてるよ…。思い出すのもイヤな話しだけど、思い出してしまった。ちゃんと存在していて近所にいるM(友達レディ)の顔を思い出す。意図的にじゃなく無意識に顔が浮ぶ…。何かメッセージを伝えてる?そんな気がしてならなかった。電話すればすぐ話せるけど、自分の力で気付きたかった。なんだろ?あ…そっか。Mも苦しみを、逆境をバネにして生きてる。maryaもがんばれって言ってる?
メイヤの言葉がまた蘇り、ありがとう…って何度も言った…。お日さまの温度を感じながら感謝をした。死に直面すると普段思い出さない事をリアルに思い出したり、言葉を思い出したりするんだね。

理不尽かもしれないけど、
この世界に存在してるだけで誰かの支えになれる女性になりたい。
望むだけではなくて、会えること、側にいれることを
望まれる女性になりたい。

感情は麻痺してない。そう思えたから。

休みがなく、頑張って仕事してる人がいるの。だからmaryaも頑張れる。
今、この瞬間を頑張る。心強い味方がいる感覚があるから。
そうメイヤに心の中で話しかけてみた。

昨日から睡眠2時間。でもこうして生きてるってすごい。後何時間後かに電車に乗って仕事場に行く自分がいると思うとすごい。他人事みたい。
もう一つの仕事なんだけど、溜め込んでいたから4件になっちゃった。
2件は作業終了。もう送りだした。後の2件は… 今日はやらない。
こんな時間だもん。朝だね… でも寝ないの。これから朝日が昇るまでメイヤと話していたいから。メイヤが教えてくれた。太陽は生命。太陽が昇る時、エネルギーがいっぱいになるよって。だからそれを感じたい。強くならなくちゃね。
他の人達から見れば、非日常っぽくてリアルに感じれないと思う…。
環境。
ごく普通の環境と同じ。

断片的に蘇る痛い記憶を直視する事で、救われるのかも知れない。

あ…この日記続行命令してきた理不尽レディの理不尽の部分をとってあげようと思う。クフ。
[PR]

by peachlips | 2004-08-16 04:59 | blog


<< 19才の時の日記より      die >>